あなたとあなたの大切な人のために。静岡発 女性のためのがん情報サイト

サイトマップ

お問い合わせ

HOME > 費用のはなし > もしものために活用したい女性保険とは
イベント・セミナー bot
イベントレポート bot
募金のお願い!

子宮頸がんなど、がんの啓発のため
の活動にご協力ください

NPO法人・女性特有のがんサポートグループ「オレンジティ」理事長河村裕美さんからの
お金のはなし

bot

子宮頸がん啓発キャンペーンサイト リンク集

結婚が決まったあなたへ

リンク集

bot
特集

bot

女性はがんにかかる年齢が男性より早く、30代では3.3倍(*1)と言われています。中でもその半数が、乳がんや子宮頸がんなど女性特有のがん。

そこで何よりも大切なのは、いざその時になって慌てないよう準備をしておくこと。自分の身体をきちんとケアしたい女性たちのために、女性特有の病気を手厚くサポートしている"女性のがん保険・医療保険"が数多く出ていますので、賢く利用する方法を考えましょう!

(*1)...厚生労働省「平成20年 患者調査」より

どんな種類の保険があるの?

女性用の保険には、大きく分けて「がん保険・医療保険として独立しているもの」「通常の生命保険に女性特約を付けているもの」の2種類があります。内容の詳細は千差万別ですが、いずれもがんを含む女性特有の病気になった場合の入院費や手術代のための保障が上乗せされたり、診断された際の給付金が一括で出されたりするのが特徴です。中には、別の医師に意見を求める「セカンドオピニオン」やカウンセラーの紹介があったり、乳がんで手術した場合の乳房再建など治療後までをサポートしてくれる嬉しい保障も。だからこそ女性保険を選ぶ時は、加入期間や保険料など、自分のニーズとつき合わせてじっくり吟味することが大切です。

賢い保険選びのポイントは?

? がんと診断された後の生活まで応援してくれること

がんの治療は長期に渡ることが多く、再発の心配もあります。治療後もケアや検査で思わぬ費用がかかることがあるので、長い目で見たときのサポートを考えて選びましょう。

? がん治療での入院時の自己負担をカバーできること

がんの治療方法は人によって異なり、入院が長引いたり入退院を繰り返すこともあります。こうしたすべての入院時の自己負担を、カバーできるかどうかも大きなポイントです。

? 多様化する最新のがん治療にも対応していること

がんの治療は日々進歩していて、先進医療が受けられる病院も増えてきました。保険によっては高額な先進医療が保障されていないものもあるので、内容をよく確認しましょう。

? がん患者とその家族の心のケアまでしてくれること

本人や家族は、がんに対する怖れや治療への疑問をたくさん抱えているもの。カウンセリングやセカンドオピニオンの紹介など、精神的なサポートの有無も検討内容になります。

? いろいろな商品の中から、自分に合ったものを選ぶこと

結婚・妊娠・出産など、女性にはさまざまなライフステージがあります。自分の身体のことを真剣に考えるほど、女性に手厚い保険を選びたいですね。数ある保険の中から自分にぴったりのものを探すには、まずはいくつか商品を見比べて、何を重視したいかイメージを固めていくことが大切。保険会社のホームページをみてみるのもよいでしょう。

オレンジティ